Business introduction

事業紹介

住友林業緑化の事業

私たちは木を活かし、自然を愛する住友林業グループの一員として、「一般住宅」から「都市空間」「街づくり」にいたるまで、あらゆる"緑"についての要望に応えています。
地域生態系にも配慮した「緑のトータルプランナー」として、企画から設計・施工・メンテナンスにいたる総合的な提案をいたします。


環境緑化事業部

環境緑化事業部は公園・オフィスビル・工場などの都市空間に自然環境を再現する緑化事業に取組んでいます。それには長年培った企業緑地の活用や里山の再生のノウハウが活かされています。コンサルティングから設計、施工、メンテナンスまで一貫したシステムにより、緑地の価値を高め、各方面から高い評価を得ています。
またオフィスなど室内空間にも心やすらぐインドアグリーンを提供しています。


住宅緑化事業部

住友林業の住宅事業本部と協働し、"住友林業の家"の価値を高める緑豊かな外観演出や、機能的で質の高いエクステリア空間を創出しています。それを大規模化した分譲緑化事業では、統一感のある景観に配慮した街づくりにも取組んでいます。また庭木のお手入れやリフォームまで、快適な"緑"で暮らしを彩る愛グリーン事業を展開しています。


資材事業部

資材事業部は、緑化事業に関わる資材や樹木の調達・販売を行なっています。弊社の工事に使用している高品質の材料だけでなく、全国のあらゆるプロのユーザーのニーズに対応できる資材の供給体制を整えています。また弊社オリジナルの商品をプロデュースし、販売しています。


農産事業部

農産事業部は、植物に有用な微生物を活かした土壌改良材・培養土等を生産販売し、持続可能な農業を推進しています。また、都市を潤す屋上緑化、人工地盤等に適した軽量土を開発・提供するなど、農業・都市・生活空間に豊な緑の潤いを提供しています。

住友林業緑化での環境に対する取り組み

環境緑化事業では環境評価における第三者機関の評価認証登録を積極的に行っております。
内部の組織だけでなく、第三者機関の多角的視点での評価を求める事で、より高い質での、環境に配慮した開発活動を目指していきます。


SEGES

公益財団法人都市緑化機構が推進する「SEGES緑の認証」は開発、建築に伴う優良な緑地環境計画を認定する制度です。
近年、環境に対する市場的価値が高まっております。開発においても既存の緑地を保全しながら活用するなど環境に配慮された緑地計画が増えております。
緑地計画を認定・表彰することで、緑による資産価値向上につなげています。


ABINC

「一般社団法人いきもの共生事業推進協議会(ABINC)」は自然と人との共生を企業活動において促進することを目的に作られました。
一般社団法人 企業と生物多様性イニシアティブが作成した「いきもの共生事業所®推進ガイドライン」及び「土地利用通信簿®」を認証基準はとしております。
工場、物流施設、オフィスビル、商業施設、集合住宅、戸建住宅団地を認定対象年、企業における生物多様性に配慮した緑地づくりや管理・利用などの取り組みを、一般社団法
人 いきもの共生事業推進協議会(ABINC)が、第三者評価・認証するという制度です。

数字でみる住友林業緑化

売上高

売上高(2020年3月期)  276億円

従業員数

従業員数(2020年7月1日現在) 720名

有資格者数

技術士(建設環境) 1名
技術士補 4名
監理技術者 181名
1級造園施工管理技士 194名
2級造園施工管理技士 21名
1級土木施工管理技士 143名
2級土木施工管理技士 28名
1級建築士 8名
2級建築士 33名
構造設計1級建築士 1名
1級エクステリアプランナー 28名
2級エクステリアプランナー 44名
樹木医 11名
樹木医補 1名
測量士 2名
測量士補 8名

エントリーはこちらから

募集職種一覧